ミョウガがまだ沢山収穫できるシャキシャキおいしい (写真拝借) 
         
       (Last Updated::2017年10月15日)                                                               

                                                        
                
       
実践ビジネス英語 10月号より
           
       
Making Friends after 30 (30歳からの友達づくり)
 
      
    
Friends are hard to come by
    Who are as nice as you
    So remember me until you die
    And I'll remember too

    これは私がまで中学生だったころ、当時文通していたアメリカ人の少女が送って
    くれた詩です。
    英語の詩は韻を踏むものだと教わったばかりだったのですが、ごく簡単な単語しか
    使っていないのに、きちんと韻を踏んでいて感心したので、今でも記憶に残っています。
    
    私には、小・中学校時代からの無二の親友がいました。
    2人ともNHK東京放送児童劇団の2期生として、テレビが一般化する前のラジオドラマや
    学校放送の教育番組に一緒に出演していたものです。

    高校時代には、当時の国鉄の周遊券を買って、北海道を2人で回りました。
    貧乏旅行だったので、各地で教会やお寺、学校の保健室に泊めてもらったり、寝袋で
    野宿もしました。旅の終わり近くに白老で木彫りのクマを買うと、もうほとんどお金が
    残っていません。すると、そのことを察した職人の親方が、自分の家に泊めてくれたのです。
    布団に綿ではなくわらが入っていたことが、強烈な印象として残っています。

    社会に出てからも2人で飲みに行くと、よく北海道旅行の話をしました。「いつかまた2人で
    同じコースを旅行してみたいね。お金のことを心配せずに」「そうだね。いつか行こうよ」と
    言い合いながら、結局実現しませんでした。20年ほど前に、彼が50代の若さで帰らぬ人と
    なってしまったからです。

    One of these days is none of these days. (いずれそのうちという日はない)ということわざが
    あります。「いつか」しようと思っているだけで具体的なアクションを起こさなければ、決して
    物事は実現しない、という意味です。

    では、どんな人が友達か。
    Elbert Hubbard (U.S. author, 1856-1915) はこう言っています。
    Your friend is the man who knows all about you and still likes you.

    (友人とは、あなたのすべてを知っていて、それでもあなたを好いてくれる人のことだ)。

   
     
    
     ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<10月のケーキ・メニュー>
        
        

         第1週  ・・・ 
アメリカンワッフル ・・・ 新しいワッフルベーカーを使ってみます(^_-)-☆

         第2週  ・・・  ブルーベリーマフィン ・・・ 冷凍保存した私の庭のブルーベリーですよ

        
第3週  ・・・  アップル・ケーキ ・・・ 長野から届いた新鮮な紅玉リンゴで初レシピ挑戦
        
         第4週  ・・・  未定

         第5週  ・・・ 未定  


                 
                ++++++++++++++++++++++++++++++