箱根の星の王子さまミュージアム、昼と夜の表情ステキ、行ってみたいな~
         
         (Last Updated::2017年11月.20日)                                                               
                                                        
                
       
         
           
近江の茶 世界ブランドに 

     
県、米国で初商談会  20年度、輸出3倍増へ
  
    滋賀県産の茶のブランド化に向け、県は「近江の茶」の輸出拡大に乗り出した。今月上旬には
    友好関係にある米国・ミシガン州で初の商談会を催し、「近江の茶」の魅力をアピール。
    評判は上々といい、県は「近江牛に続く国際的ブランドになれば」と期待する。海外での
    日本食ブームや健康志向の高まりを追い風に、2020年までに輸出量の3倍増を目指している。

    人口減少による国内市場の縮小や自由貿易の拡大を背景に、県は15年度に農畜水産物輸出
    戦略を策定し、近江牛と近江米、近江の茶を海外需要が見込まれる「重点品目」に指定した。

    近江の茶は甲賀市の朝宮茶(信楽町)と土山茶(土山町)を中心に、欧米や台湾に年間3トン程度
    輸出されている。県は3年後に10トンまで増やす目標を掲げる。

    ミシガン州での宣伝活動は、日本貿易振興機構(ジェトロ)の滋賀貿易情報センターの協力で実施。
    製茶業者5社と現地の小売業者など14社が参加した。
    煎茶の入れ方教室も開き、約200人に振る舞った。

    参加者からは「色がきれい」、「味がしっかりしている」との声が寄せられたといい、県の担当者は
    「想像以上に好評だった。茶の渋みとうまみをおいしいと受け入れる感覚があることに驚いた。
    米国を足がかりにオーストラリアや香港にも広げたい」と手応えを口にする。

    県は輸出手続きの勉強会を開いたり、茶の魅力や入れ方を紹介する英語版パンフレットを作ったり
    してサポートしてきた。今後は商談が具体化した場合の個別支援や、商談相手に生産現場を
    見てもらう機会の設定も検討する。

    県茶商業協同組合の前野理事長は「ペットボトルの普及で茶葉離れが進んでおり、将来への危機感は
    強い。海外に活路を見いだすのは簡単ではないが、和食ブームや行政の後押しをチャンスととらえ、
    飲み方も合わせて紹介することが重要だ」と話している。
    

   
     
    
     ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<11月のケーキ・メニュー>
        
        
第2週  ・・・  パンプキン・タルト ・・・ 我家の畑で収穫したカボチャです甘くて美味しい

        
第3週  ・・・  アップル・パイ ・・・ 焼きたて熱々をふ~ふ~しながらお召し上がりください
        
         第4週  ・・・  ニューヨーク・チーズケーキ ・・・ そろそろリクエストがありそうな気がしてます
        
         第5週  ・・・   ヴィクトリアンサンドイッチ ・・・ 寒くなると、甘くてリッチなケーキが恋しくなる 
         

                 
                ++++++++++++++++++++++++++++++