プリムラは大好きです、今からでも植えたいのです(写真拝借)
                         (
Last Updated::2018年1月12日)                                                                                                                                                       



         【伝える極意】  
                             同時通訳 ・ 永井鞠子

    
 
日本人の「顔が見えない」理由
    
通訳者としての経験から見えてくる日本人のスピーチの特徴があります。
    これはわたしの持論といってもいいかもしれませんが、                                                                
    日本人はパッと頭に浮かんだ事柄をそのまま言葉にしてしまう傾向があると思います。
    論理性よりも即興性、あるいは事前に論理的なスピーチを構成して準備してあったとしても
    その瞬間に思いついたことを話してしまう。そういう傾向が強いと思います。

    日本語、日本人のスピーチは文学的というと恰好よく思えたりもしますが、やはり経済や
    政治の話をするときには向いていません。
    国際社会ではよく「日本という国は顔が見えない」ということがいわれますが、言葉で
    コミュニケーションする際は何を言っているのかわからない、論理的な構成力に欠ける
    スピーチをしていたら「顔が見えない」といわれるのも当然だと思います。

  
小沢一郎の論理性 
    どうも論理的に人を納得させるスピーチは苦手といえそうな日本人ですが、もちろん
    目が覚めるような言説で聞く者に迫ってくる発言者もいます。通訳者として接した中で
    わたしが挙げるとすれば、ひとりは小沢一郎です。

    政治家としては好き・嫌いが大きく分れる方だというのはわかっています。
    しかし、政治家としてのポリシーやスタンスをべつにして、通訳者として彼のスピーチを聞き、
    訳す立場に立つと、彼のように論理的でわかりやすい話し方をする人はいないと感じるのです。

    最初にそれを感じたのは、かれがまだ自民党の幹事長時代ですから、衆議院総選挙のとき
    だったと思います。外国のプレスをまえに各党の幹事長クラスが勢揃いして
    「今の日本の政治をどう考えているか」「今回の選挙の争点は何か」「どのような公約を掲げるか」
    といったテーマで話し、わたしが通訳しました。このときに「ああ、この人のスピーチは論旨が
    明確でわかりやすい」と感じたのです。共産党の発言も論理的だと思いましたが、ほかに明確に
    「これだ」というものが頭に入ってきづらい、論旨がぼやけたような発言ばかりだったので、
    余計に小沢一郎のスピーチが鮮やかに記憶に残りました。
  
    彼はまず、論点をはっきりさせた上で話を進めます。
    「これから、この点について述べたいと思います」と、自分のスピーチに”見出し”をつけた上で
    話し始める。そして、そのテーマに関する自分の考え・結論を提示します。
    理解してもらうという最終的な目標に向かって論理的に言葉を積み重ねていくのです。

    また、ひとつのことを言い始めたら、きっちりとそのことの結論を述べてから、スピーチ全体の
    論理的枠組みに沿って次の話題へと進んでいきます。通訳者の仕事では、とにかく
    「言い切ること、訳し切ること」が求められます。その点で、通訳者にとって訳しやすい、というよりも
    ”訳し甲斐”を感じさせてくれる完成度の高いスピーチだと思います。

    小泉純一郎元首相の通訳を務めたときに「今日は通訳さんがいるから、訳しやすいように
    気をつけて喋ったよ」と言われたことがありますが、小沢一郎にそういった声をかけてもらったことは
    ありません。なので、彼が通訳者を介して外国のプレスに向けて発言するとき、論理性により気を
    つけているかどうかはわからないのですが、彼のスピーチが欧米人にとっても非常に理解しやすい
    ものであるのは間違いありません。

    民主党の代表を務めていた当時にアメリカから政府の高官が来日して会談したときも通訳を務め
    ましたが、アメリカ側が「あっ、彼の言っていることはわかりやすい」といった反応を示していたのを
    覚えています。明らかに小沢一郎の発言が彼らの頭に入っていることを示す反応でした。
    もちろん、その意見に賛成か反対かはべつの問題です。しかし、言っていることが明確でなければ
    活発な議論に進むことはありません。

    ただ、論理性が苦手な、あるいは避ける傾向のある日本人には、ギスギスした人情味に欠ける
    スピーチに聞こえてしまう場合もあるのかもしれません。
    また、政治家としての小沢一郎を好きな人と嫌いな人がはっきりと分かれるのも、彼が自分の意見を
    ぼかすことなく言える人だからかもしれません。

    
              
    
     ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<1月のケーキ・メニュー>
        
        
第2週  ・・・ キャロットケーキ ・・・ ご常連のリクエストに応え、フルーツキャロット使って

        
第3週  ・・・ 抹茶シフォンケーキ ・・・ お正月の定番、小豆あんとホイップクリーム添え
                 

        
第4週  ・・・ スイートポテト・パイ ・・・  保存している自家栽培の”さつま芋”をぎっしり

         第5週  ・・・ 未定                          
                                                           
        
         
                 
              ++++++++++++++++++++++++++++++