前庭でたくさんに咲く「高砂ユリ」、雑草で素朴で大好き (写真拝借)  
            
     (Last Updated::2017年8月15日))                                                                                                                                        

                           
                                      
     イングリッシュ・ドクター 
西澤ロイ

                
                    
英語学習 処方箋



     
上達する人はON/OFFを区切らない

   
  今回のテーマは「英語が上達しやすくなるための心構え」です。
     忙しい中で、頑張って時間を作って勉強しているのに、どうも英語が上達しない・・・。
     そういう人はいませんか?
     実は、「勉強しよう」とすることによって、逆に上達を妨げる結果になっている人が少なくないのです。
     ここでのキーワードは「勉強」。
     あなたは1日にどのくらいだったら勉強に時間を割けますか?

     社会人であれば、10分~30分がせいぜいだという方が多いのではないでしょうか。
     毎日1時間以上、勉強時間が取れるという人はかなり限られるでしょう。

     ただし、私が指摘したいのは、勉強時間が多いか少ないか・・・ではありません。
     英語を勉強だと思ってしまうことによって、その勉強時間(英語に触れるONの時間)以外には
     英語に触れようとさえしなくなってしまう(英語に触れないOFFの時間が大量に生まれてしまう)
     ことが問題なのです。

     仮に毎日1時間頑張ったとしたら、その努力は間違いなく素晴らしいものだと言えます。
     しかし、1日の残りの23時間(起きている時間なら約15~17時間)は、一切英語と縁のない
     時間を過ごしてしまうから、上達が遠のくのです。

     昔、「キャプテン翼」というサッカー漫画に「ボールは友達」という有名なせりふがありました。
     もし英語を「友達」や「同居人」にできていれば、確実のその人は上達が早いです。
     実際、英語の上級者と言われる人たちは、そうすることで英語を生活の一部として取り入れて
     います。つまり、英語が常に身近にある(常にONである)環境を持つことが大切なのです。

     ポイントとなるのは「目」「耳」「口(頭)」の3つです。
     勉強時間を除いた、普段生活している時間の中で、英語が目に入ってきたり、耳から聞こえて
     きたり、口から出たりする(少なくとも、何と言うかを頭で考える)ことはありますか?
     3つともYESの人は、間違いなく上達が早いでしょう。
     しかし、英語が苦手・嫌いだという人は、YESが1つもないことが多いのです。

     「私はジャパンタイムズを読んでいる」というあなた。
     ジャパンタイムズを読む時に、気合を入れる必要がある場合には要注意。
     「勉強」になってしまっている可能性が高いからです。英語はコミュニケーションのツールだと
     よく言われますよね。ぜひ勉強としてではなく、もっと気楽に、生活の一部として英語に触れる
     (ジャパンタイムズを読む)ようにしてみるとよいでしょう。
     
    私の場合、常にON。身近に目に付く英語は先ず読んでみる。英語番組だけでなく海外ニュース
      映画、音楽で英語を耳にする。ついでにお洒落な台詞は真似るし好きな曲は歌うから耳と口は
      連動している。歌は一人の時はいつでもOKだから歌詞(英文)を思い出しつつ正しい発音で歌う
      外出しても英語の案内やトイレの使用法など読み、JR大きな駅の英語の案内アナウンスを聴いて
      リピートして納得し覚える。時には隣り合わせた外国人観光客と目が合えば会話を楽しむこともね
      
英語をわざわざ勉強した記憶はない、英語の発音やリズムやフレーズが好きで興味があって・・・

     
     ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<8月のケーキ・メニュー>
        
        
第1週  ・・・ 白玉団子(白と抹茶) ・・・ 豆腐でヘルシー、小豆あん&アイスクリーム添え

         第2週  ・・・  夏休み

        
第3週  ・・・ 夏休み

         第4週  ・・・ 夏休み

                 
                ++++++++++++++++++++++++++++++