暑いのに、高い枝で咲いてくれたバラです
                       (
Last Updated::2018年7月9日) 

                                                                                                                                                 
   
<読書>

                             

                
しない。
                      
群ようこ 著     
                 
                                                                                                                                
 
 
基準にノーといえる人生も
    必要最低限の物しか持たない「ミニマリスト」、ファッションや美容でいわれる、頑張りすぎない
    「エフォートレス」・・・。ここ数年、そんな価値観を示す言葉をよく見聞きする。
    持ち物を取捨選択し、構えすぎない。物があふれ、周囲に自分をどう見せるかも時に求められる
    社会で、そうした考えが注目されるのは当然なのかもしれない。

    どちらにも共通するのは「手放す」ということだろうか。諦めるのではなく、前向きな選択。自分には
    何が必要で、何をしたいかを突き詰めた結果とも言える。

    本著の15のエッセーで、著者はさまざまな物や生き方との格闘をつづる。社会人になったばかりの
    数十年前、履き慣れず足を痛めながら歩いたハイヒール、アイメーク、携帯電話・・・。
    どれも試してみてたどり着いた答えが「しない」。

    一度試したり、考えたりして、自分で納得したら、それはしない。そう言うと簡単そうだけど、結論を
    受け止める覚悟がなければ、難しいことだ。

    「必要のない付き合い」では、空気を読んで、本当はしたくない付き合いもするという行動について語る。
    職場や友人関係など、周囲との今後を考えると、断るのはなかなか勇気がいるだろう。だけど、
    そうすることで、得られるものもある。

    生き方が多様化しているとはいわれるが、女性の年齢や仕事を結婚と関連付けて見がちな社会の
    価値観は根強いだろう。普段は気にしていなくても、そうした空気感から不安に駆られ、時折めげそうに
    なるときがある。「結婚」していない著者の結論は厳しくも温かい。

    「百人の人がいたら、百の生き方があって当然なので、自信を持って世の中の基準に対して、
    ノーといえる人生もいいと思うのである」
                                           (集英社・1296円)
  


    
     ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<7月のケーキ・メニュー>
        
      
第1週  ・・・ リンゴとレーズンのケーキ ・・・ ヨーグルトの酸味の効いて後味さっぱり爽やかな味
       
      
第2週  ・・・ キャロットケーキ ・・・ やさしい、ほっとする甘さのケーキにホイップクリームを添えて 
                  
      
第3週  ・・・ レアチーズケーキ ・・・ 皆さまお待ちかねの、カフェの夏の定番で~す (*^_^*)

       第4週  ・・・ 未定
      
                     
                                                                                                       
          ++++++++++++++++++++++++++++++