中之条町「花の駅」で試験的に作っている零れ種の花草エリア、こんな自然な景色もいい
           
                    (Last Updated::2017年6月19日 )                                                                                                                                                                                   


        
季節のエッセー  
                             
宮下 恵菜 (児童文学作家)
     
               
                
わたしの記念日
                         
         
                                                                       
      
雨上がりの夜、蛍が舞う季節になった。
    毎年この季節になると、心をリセットするようにしている。
    私事だが、作家デビューした記念日なのだ。
特に今年は10年の節目の年。
      もうそんなに経つのかと思う反面、まだそんなものかとも思う。

      初めて作家になりたいと思ったのは、学生の頃。作家でもある教授に、児童文学の掌編を
      ほめてもらったことがきっかけだ。

      『プロの作家に褒められたのだから、きっと作家になれる!』 若さとは恐ろしいものである。

      その後、就職、結婚、出産を経て、3人の子どもたちを育てている間も、わたしは作家になる
      夢を持ち続けた。だけどそのことは、誰にも言えなかった。ただの専業主婦であるわたしが
      作家になりたいだなんて、恥ずかしくて言えない。夢はあきらめていなかったけれど、自信が
      なかったのだ。

      そんなわたしに転機が訪れたのは、大学を卒業してから十数年。とある文学賞を受賞し、
      その翌年デビューを果たした。

      デビューした記念に、初めての印税でピアスを買った。わたしにとっては高額なものだったけど
      10年後も作家でいられますようにと願をかけた。

      それから10年。ありがたいことに、今も作として活動できている。この10年の間に、当時中学生
      だった長女は社会人に、小学生だった次女は大学生に、幼稚園児だった三女は高校生になった
      かつて食事時には腕を組んで座っているだけだった夫は、わたしの出張時、食事の用意まで
      してくれるようになった。そして、初めての担当編集者は、来年、定年を迎えるのだという。

      わたしはというと作家だけでなく大学で教鞭をとるようになり、自分でも把握しきれないほどの
      締め切りに追われるようになった。

      でも満足はしていない。今から10年後も作家でいられるように、まだまだ努力しなくてはと
      思っている。忙しい毎日の中で、時々自分の気持ちを見失ってしまいそうになるが、わたしは
      かつての自分があこがれた場所にいる。そう思うと、気が引き締まる。
      他の人にとっては、きっとなんでもない日。

      だけど、わたしにとっては大切な記念日なのである。

    

   
               ++++++++++++++++++++++++++++++ 


                          
<6月のケーキ・メニュー>

        

        第1週  ・・・ プラムのマフィン ・・・ ドライ・プラムが甘くて、ヨーグルトが入りしっとりと美味しいです


         第2週  ・・・ アップル・レーズン・ケーキ ・・・ 生地はヨーグルトがたっぷりでご常連に人気の定番

        
第3週  ・・・ クリームチーズ・マフィン ・・・ ”マダムもも”に初のチーズの酸味と塩けの大人味を (^_^)/
 

        第4週  ・・・ スパイス・シフォンケーキ ・・・ 5種類のスパイスが入った大人の女性の好きなシフォン

        第5週  ・・・ 本場リスボン風エッグタルト ・・・ 久しぶりに食べたくなるリッチな味で疲れにパンチ!

                 
                ++++++++++++++++++++++++++++++